婦人

自律神経失調症は治療で治せる|心が壊れる前に

目の疲れの症状と対処法

目の疲れ

目の疲れを感じたまま放置してしまうと、眼精疲労と呼ばれる症状になってしまうことがあります。眼精疲労とは、単なる目の疲れとは違います。目の疲れが蓄積することによって目の筋肉が凝り固まり、その緊張状態が体全体にも行きわたってしまい、肩こりや頭痛などの不調をもたらしてしまいます。また、眼精疲労はドライアイの原因にもなってしまうことがあります。眼精疲労になることで自律神経が乱れ、涙のコントロールが正しく出来なくなってしまうためです。このように、眼精疲労は体に様々な悪影響をもたらしてしまいます。眼精疲労になる前に、目の疲れを感じた場合はすぐに目を休め、マッサージしたり、冷やしたりなどの対処を行うことが重要です。

また、眼精疲労の症状に良く効くと言われているのが、ブルーベリーです。ブルーベリーの紫色には、アントシアニンという成分が含まれています。このアントシアニンは、網膜や目の回りの筋肉などに効果的に作用し、眼精疲労を弱め、目の機能を高めてくれる働きがあります。またそれだけでなく、アントシアニンを摂取し続けることによって、視力回復などの効果も期待することが出来ます。アントシアニンはブルーベリーだけでなく、カシスなどにも多く含まれていますが、効果的な量を摂取するのは大変です。そのため、サプリメントによる摂取がオススメです。大量にブルーベリーなどを食べる必要なく、手軽で簡単にアントシアニンの効果を得ることが出来ます。